モスクワで娼婦を捕まえるまでの戦い

顔のいい娼婦がほしかったら店に行って直に顔見るしかねえわ
ウェブサイトに載ってる写真の人本当にいる?って聞くとそれだけで電話切るババアとかいるし
じゃあ注文したいから在籍してる人の写真送ってって言ってもなっかなか送ってこないし
何度も催促して送ってもらって選んだにもかかわらず登場するのは美人度が写真の6割以下
っていうかこれ違う人じゃね?みたいなのが来る
来てから電話でこれ違う人じゃんって文句言って一悶着あったりしてもうなんかすげえ大変
しかも家に来たがる娼婦がクッソ少なくて札束で殴らないと来てもらえない
結局2時間2万円という日本と大差ない金額に落ち着いてもなんか娼婦として生きてるわけじゃないみたいで
金に困ったら出勤みたいな感じでプロ意識が低い


最初娼婦が来た時に突然握手されて
「なぁにこれ?あ、手袋?ロシアでは握手する時に手袋とらないのは失礼だよ。」とかほざかれて
うわなんだこいつてめーんとこのババアと揉めてたからマイナス10度の中外で30分も突っ立って
貴様らのこと待ってたんだぞ殺すぞってかなりイラついてさすがの俺も顔ひきつってたと思う


家についてから3時間にしてくれない?とか実はシングルマザーで…(噓)とか身の上話をされて涙を誘われる
「やだわ払わねえぞ」って娼婦を直視して言うも なんでぇ?わたしかわいくないぃ?気に入らない?って
ずっとほざいててうるせえタコって思った

そのあと俺が持ってる日本製の物が目に入るたびにこれほしいとかあれほしいとか
わがまま言うたびにそれ触んなって注意しなくちゃいけなくて幼稚園の先生だわ

強く言えない人は多分身ぐるみ剥がされる
ふざけて突然乳首つねられたのもイラッときた 思わずいったいわ!って日本語でますよ
あと頭弱すぎて俺の名前が覚えられない
たまに 中国ではさ~こういうのどうなの?って質問されて俺は日本人だぞって突っ込んだり
IQ低いとやっぱこういう仕事しか出来なくてかわいそいだなって思った
なんか付き合おうとかあとで遊びに行こうとかめっちゃがめつくて
日本のキャバクラ思い出しました


あとなんか俺金もってそうだと思ったらしくてそいつの個人の携帯番号を携帯強奪されて強制的に追加された
今度からは直接かけてね!取り分が全部自分のものになるから!と歯に衣着せないどころか見せつける感じが
やっぱロシアの女はしたたかだな、強く生きろよ…って感じた

だからもし気に入った娼婦に札束でビンタすればあとは愛人みたいに直接交渉でいけると思う
取り分半分らしいから娼婦は2時間で一万円受け取ってることになるな
まああとはクソ馬鹿なところを優しい目で見れる寛容さと超えちゃいけないライン超えさせないような毅然とした態度で
叱ってれば割と懐いてくると思う


とにかく電話で家に娼婦を呼ぼうとするとくっっっそ面倒なことになる
娼館に行って直談判したほうが絶対早いし楽
自分も次からはそうします

現場からは以上です


scikit-learnで線形回帰分析

scikit-learnで回帰分析をしたくて数日ネットで調べていたのですが、やっとなんとなくわかりはじめたので備忘録として書いておきます。

赤ワインのデータを使って試しにやってみます。

CSVデータはココ↓
http://archive.ics.uci.edu/ml/machine-learning-databases/wine-quality/winequality-red.csv

ダウンロードしたCSVデータはpythonのフォルダに入れておきます。
このCSVデータは開いてみればわかるとおりセミコロンでデータが区切られています。CSVは通常その名の通りコンマで区切られているので、セミコロンをコンマに変換する必要があります。
メモ帳でCSVデータを開き、編集→置換 でセミコロンをコンマに一括で置き換えます。

f:id:tabascolabo:20171122183940j:plain


このCSVデータ内にはあるワインのpH、クエン酸濃度、アルコール度数、クオリティなどワインの成分や要素が入っており、合計でワイン1599個分のデータがあります。

今回行うのは、ワインのクオリティと、その他の要素の相関関係の分析です。ワインの成分構成から、誰かに実際にワインを試飲させずにクオリティを予想できちゃう計算式を導きだそうというわけです。

とりあえずプログラムは以下のように書きます。

----------------------------------------------------------
import pandas as pd
from sklearn import linear_model

data = pd.read_csv("winequality-red.csv")

wine_elements = data.drop("quality", axis=1)

X = wine_elements.as_matrix()
Y = data["quality"].as_matrix()

clf = linear_model.LinearRegression()

clf.fit(X, Y)

print(pd.DataFrame({"Element":wine_elements.columns,

"Coefficients":clf.coef_}).sort_values(by='Coefficients') )

print(clf.score(X, Y))

----------------------------------------------------------

ひとつずつ解説をしていきます。

import pandas as pd
from sklearn import linear_model
pandasというライブラリを使うので、インポートしておきます。
今回scikit-learnで使うのは、リニアモデルという線形の回帰分析です。
理由は線形が一番単純で練習にちょうどいいからです。

data = pd.read_csv("winequality-red.csv")
フォルダ内にあるCSVファイルを読み込みます。
この読み込んだCSVファイルはdataという名前にしておきます。

wine_elements = data.drop("quality", axis=1)
「クオリティ」を予想できるように学習させたいので、先ほどのCSVファイルから「クオリティ」の部分だけのデータ(=答えのデータ)と、「クオリティ以外のすべての要素」のデータ(=問題のデータ)が必要です。先ほどのdataと名付けたものからqualityの部分を削除し、「クオリティ以外のすべての要素」のデータを作るのがこの一文です。名前はwine_elements(ワインの要素)とでもしておきます。

X = wine_elements.as_matrix()
Y = data["quality"].as_matrix()
wine_elements (ワインの要素)を問題のデータとしてX、dataからクオリティの部分だけを取り出したものを答えのデータとしてYに入れます。最後に.as_matrix()がくっついているのは、学習データはarrayでないといけないためです。

clf = linear_model.LinearRegression()
clf.fit(X, Y)
線形回帰で学習させます。

print(pd.DataFrame({"Element":wine_elements.columns,
"Coefficients":clf.coef_}).sort_values(by='Coefficients') )
結果をpandasを使って表みたいに表示させます。
要素のクオリティに対する影響の大きい順に並べています。

print(clf.score(X, Y))
精度を表示させます。

実際に実行してみるとこんな感じになるはずです↓

f:id:tabascolabo:20171122184016j:plain


この結果が意味しているのは、クオリティを求める式は、それぞれの要素に左側の少数をかけて、それらの和、ということです。
最後の少数は精度です。1が最大なので、精度が糞だということがわかります。

参考
http://pythondatascience.plavox.info/scikit-learn/%E7%B7%9A%E5%BD%A2%E5%9B%9E%E5%B8%B0
https://qiita.com/kotaroito/items/4eb29d42d7f8c534332f
http://publicjournal.hatenablog.com/entry/2017/02/25/104834

 

1トウループと2トウループは違う技

シングルトウループが完璧に跳べたらダブルトウループも跳べるようになる、というような簡単な話ではなく、シングルトウループダブルトウループでは回転数以外にも様々な動きが違う。

f:id:tabascolabo:20171122141331j:plain

 

空中にいる時間は適当に測ったところだいたい0.65秒であることから、 1コマあたりだいたい0.04秒経過することになる。 この図からわかるダブルトウループに関する注意点をいくつか挙げる。

①膝は出さない
空中にいる時間のうち最初の1回転に使う時間は1/4に過ぎない。というのも踏切の時点ですでに回転が始まっているので最初の1回転目は空中に跳んだ地点ですでに1/4回転はしてる。上図2番で右膝をほとんど前に出していないことに注意。右膝を出して折りたたむのを上図2番と3番の間にやるのは人間には不可能。この間わずか0.04秒で膝を出して戻すのは膝が痙攣して振動してたとしても無理である。つまり右膝を前に出してはいけない。

②1回転は上昇中に終わる
最も高い位置が上図の7番8番あたりなので、見ればわかるがそこまでにだいたい1回転半してる。1回転するのは4-5番間までなのでだいたい最初の0.2秒くらいまでに終えて無くてはいけない。 リアルタイムで考えると跳び上がった瞬間1回転してるくらいのタイミングである。この1回転目を行うスケジューリングがダブルトウが跳べない人の問題である。
対策としては、シングルトウで回転するべきタイミングを矯正するのが一番かと思われる。 シングルトウが跳べるけどダブルトウが跳べない人は、多くの場合、空中で回転するスケジュールを空中にいる間均等に割り振っている。つまり、踏切から一番高い位置までに半回転し、そこから着氷までの残り時間でもう半回転し、着氷と同時に合計1回転、というスケジュールの立て方。これは間違い。そもそもフィギュアスケートにおけるジャンプ中の回転は、回転速度が一定ではない。シングルトウループにおいてもアマチュアの選手は、一番高い位置ですでに3/4回転をしていて、残りの着氷までの時間、つまり空中にいる時間の後半の時間をめいいっぱいつかって残りの1/4回転をしながら氷に向かって落ちていく。
以下、参考図

f:id:tabascolabo:20171122141342j:plain

③滞空時間中、回転に使うのは2/3くらい
上図10-11番あたりでもう体を止めているので、ダブルトウループに必要な2回転は滞空時間の2/3時点で 終了している。前述したように空中の回転速度は一定ではないし、滞空時間いっぱいを使って2回転する わけではない(してはいけない)。そもそも、1回転目のタイミングを間違えなければ、多分体を開かないだけで2回転するはず。

④シングルトウと何が違うか
参考図として載せたシングルトウの図と見比べて、シングルトウとダブルトウの差を考える。すぐわかるのは、膝を前に出している点。膝をあげるとあたりまえだが右足に左足を巻き付けられない。膝を前に出すことによって巻き付けないようにしているとも考えられる。
巻き付いたら回転してしまって、1回転で降りてくることができない。
もうひとつは、左脚の角度である。上図(ダブルトウ)の4番あたりまで、つまり1回転目の間、 左脚は体の軸と平行である。そこから2回転目で右脚に巻き付いていく。一方でシングルトウの場合は 軸と左脚が平行ではなく、おいて行かれている。

つまりシングルトウとダブルトウは単に回転数が違うのではなく、そもそも違う技なのである!!


フィギュアスケートの靴

男子はグラフかリスポート
女子はエデアかリスポート
これ以外に選択肢はない

変に国産の靴にこだわってそこらへんで日本製のスケート靴を買うとコスパ最悪

国際大会で日本製の靴履いてた人記憶にないし
そもそも日本製はハイクオリティだと思ってる時点でちょっと考えが古すぎませんかね…^^;
ものづくりの国日本(笑)
長年のノウハウが蓄積されたグラフ、エデア、リスポートから選んどけ

エデアは靴の内側がフカフカだから足がデリケートで傷つきやすい(笑)女子向け

リスポートはR2、エデアはエドモントンスペシャルがアマチュアで人気
マチュアって素人のことじゃねえぞオリンピックとか国際大会に出てる選手のことだからな
エデアは俺が男だからどのモデルが人気とかは知らん

日本国内ではリスポートは割とどこでも売ってて、グラフは大阪梅田が本店の小杉スケートで売ってた

エデアは小杉スケートでは取り扱ってなくて神奈川のアイススペースにある
ちゃんと買ったときにオーブンで足形取ってもらうんだぞ
通販で買うんじゃねえぞ

フィギュアスケートのブレード選び

とりあえずブレードのことエッジって呼ぶ人はスケート人生もう一度やり直してこい

ブレードの性能は値段に比例する
安ければ安いほど糞で高ければ高いほど高性能
ブレードの知識がゼロでも値段を見ればそのブレードがどの程度の物なのかわかる安心な価格設定
ミドルクラスのファントムとハイクラスのゴールドシールでも
車でいうと日産GT-Rとブガッティヴェイロン
ガンダムでいうとΖガンダムνガンダムくらいの差がある
具体的に何が違うかというとスピード
技術でなんとかできるレベルではないスピードの差がある
つまり同じ速度を出すのにハイクラスのブレードの方が体力を使わずにすむわけで
これは大会では大きなアドバンテージになる

自分のスケーティングスキルの向上に合わせてブレードも徐々にレベルアップしていくのは悪手
靴を変えても割となんとかなるけどブレードを変えるとなんとかならない
できてたことができなくなって最低でも一ヶ月くらい感覚をつかむのに費やす羽目になる
ゲームで言うとセーブデータが消えるくらいのやばさ
何度もゼロからやりなおしたいマゾか馬鹿ならブレードを頻繁に変えてもいいが
そのやり直し期間中は成長が皆無なので無駄

これからフィギュアスケートを始めるならとりあえずコロネーションエース買っとけ
初心者に他の選択肢はない
コロネーションエースより下のランクのブレードはおもちゃかゴミ
3万円しないくらいのコロネーションエースが高いって感じるならそもそもスケートやる経済力がないってことだ諦めろ
逆に金に余裕があってもここで変に欲を出してミドルクラスのブレードは買うなよ
ミドルクラスにはファントムをはじめピーキーなブレードが多くて無駄に苦しむことになる
コロネーションエースは誰もが初心者にお勧めする安心と信頼のブレード
みんなに支持されるからには理由がちゃんとあんだよ

ダブルジャンプできるかできないかぐらいまで育ったらゴールドシールなりパターン99なり(※)ハイクラスのブレードを買えばいい
前述したようにここでミドルクラス買うのは馬鹿かドM
コロネーションエースを捨てて新しいブレード買うときに、そのブレードで一生スケートする覚悟をしたほうがいい

※パターン99をハイクラスとするかは微妙なところでもある
パターン99とファントムは国によって価格が大きく違う(下図)

f:id:tabascolabo:20171124192145j:plain






ロシア語教室体験レッスンの旅まとめ

<通いたいランキング>

ICC
欧米アジア語学センター
ビーチャイニーズ
バークレーハウス語学センター
ベルリッツ
アイザック

<講評>
ICCのよかったところは先生が話が盛り上がって興奮してくるとめっちゃ早口になるところ
俺の発言を注意深く聞いてて文法の間違いを逐一直したり何が苦手か見抜こうとしてたところ
欧米アジア語学センターも普通の速さで話してくれてたけど体験レッスンで俺のロシア語にケチつけなかったのが残念 これはビーチャイニーズも全く同じ
ただ語学センターの先生はさらに上手くなるにはどうしたらいいか一緒に悩んでくれたから
ビーチャイニーズより少し優位

バークレーハウスはスパルタな感じがよかったけど先生の話す速さがゆっくりなのが残念
ベルリッツはレッスンの満足度は多分一番高いが担任制じゃないのが大幅な減点
話す速さも遅い あと不自然な笑顔やだ

アイザックはなんか先生の熱意をあんまり感じなかった

<どうでもいい補足>
ICCの先生は話が盛り上がって興奮してくると早口になるってそれは先生としてどうなんだ初心者には悪い先生だろと思うかもしれないが
言葉を覚え始めたゴリラみたいなレベルの初心者のレッスンで先生が興奮することなんてないから初心者の君は心配しないでくれ ちゃんと最初はゆっくり話してくれてたぞ
話す速さにこだわったのは金を払ってすでにできることを学ぶのは金の無駄だから

1時間あたりのレッスン代金もリストにしようと思ったが
もらった見積書は家に帰って来て速攻ゴミ箱にぶちこんでたから
ないです
値段で教室の優劣つけるとその先にあるのは
フィリピン人のskypeを使った英語レッスンだから
値段で外国語教室を選んではいけない(戒め)
予算がないなら外国語習うのそもそも諦めろ

<感想>
ロシア語のやる気が出なくて始めた今回の企画
実際にモチベーションが戻った
それだけでも得たものは大きい
ICCに通うかどうかは自分の銀行口座とこれから相談

このブログで初心者が外国語会話教室に通うのは
意味がないというのは散々言ってきたが
今回話せるようになってから通うのもあまり意味ないのではないか
という疑惑も浮上してきた
外国語教室の存在意義とはなんなのか(哲学)

これは一個人の感想です。

ロシア語教室体験レッスンの旅6 ビーチャイニーズ

体験の最終回はビーチャイニーズ
もちろん吾輩は中国人になるつもりはない

中国語を主に教えてる学校だがロシア語もなぜかやってる
ウェブサイトが古臭くて若干恐怖感を煽る
そして新宿西口から少し歩く

ドアを開けると受付のそばでロシア人の先生が待ってた
今までの先生で一番若いかもしれない女性
ロシア語でこんちわしてすぐ「トイレ行ってきていいですか?」と
恒例のうんちタイムを開始
こういうビルの一角で教室をやってるタイプの学校は
教室内にトイレがない
そして大便器がひとつしかないからのんびりうんちしながら
ネットサーフィンもできない
トイレは幸い汚くなかったので許す

教室に戻り体験レッスン開始
先生がロシア語で「ロシア語話せる?」
と聞いてきたので話せるよと言うと
話せるの?じゃあロシア語でいいわね!と会話始まり
なんか先生はキャピキャピしてた
趣味とか聞かれてキャバ嬢トークの後
先生「上手に話せんじゃん!何教えたらいいかわかんない。学校に通う意味ある?お金の無駄じゃない?」
俺「やる気が出ないから環境を変えたくて学校を探し始めた。それにドラマ見ててもさっぱりわからんぜ?」
先生「ロシアに通ってるうちに慣れるよ!正直私はあなたのレベルで学校通うのオススメしないよ!」
とやたらと金もったいないから通わないほうがいいと言われた
正直なのはいいけど来ないように説得されたのはここが初めてだ
「語尾とかたまに間違うけどね!でも外人でそこまでしゃべれたらもうこれ以上のレベルいらなくない?」
となんか最後の5分はずっと金を無駄にするなと言われ続けた
俺「他の学校でも何したい?って言われたけど自分でもわからん」
先生「そらそうよ!わたしもわからない!」
エネルギッシュでおもしろい人だった

話を聞いてる感じ俺のロシア語の間違いをちゃんと認識してるみたいだった
間違いを訂正はしなかったけど
先生は普通のスピードで話してくれたのが嬉しかった
あとけっこう美人

体験レッスンが終わり受付のおばあさんに料金体系を説明される
すごいうまいんですね〜天才ですねとお世辞
テンサイ!となんかロシア人の先生も乗ってきてちょっと草
受付のおばあさんはおとなしい感じだったけどいつ頃通うか決める?と
きっちり聞いてきてけっこうがっつくな、と思った

よかった所
先生がエネルギッシュ
話すのが速い

悪かった所
得た知識なし

いいんだか悪いんだかわからない所
先生が正直に来ない方がいいと説得してきたこと

これで都内全てのロシア語教室を巡った
次回は総集編