少しずつ始めるということ

「いつか~したい」「いつか~してみたい」そういう台詞、若いうちはいっぱい聞きますよね。でも意外に中年の人も言いますよ。夢を語るのは無料ですからね。必要なのは黙ってうんうん聞いてくれる仏のような友達だけです。そしてこういう「いつか~したい」系の台詞を吐く人はだいたいいつまでも~することなく死にゆくことが多いですね。

いつか英語が話せるようになりたいとか、外国に住みたいとか、こういう職につきたいとか。
そういう言葉をついつい口にしてしまう人に、ルルーシュの一言を聞かせたいです。

誰かが自分の代わりにやってくれる。待っていればいつかはチャンスが来る。
甘えるな!自らが動かないかぎりそんないつかは絶対に来ない!

この言葉は至極正論なのですが、やれ!と言っても人には状況や環境によっては完遂が不可能なことが多々あります。それはあたりまえですが、私が個人的に思うのが、多くの人が「100%準備万端になったら、ある日突然完遂しよう!」という謎の義務感に囚われていることです。そんなんじゃ夢を叶えるのは難しいですよ。だいたい「いつか」という単語を使う場合だいたいその人がそれを実現する可能性はほぼゼロです。マジでやる人は「来月」とか「今やってるこれが終わったら」とか「夏休み」とかもっと具体的な時間を指定しますからね。しかしそれは今回の内容とは話が逸れてしまうので放置しておきます。

前提として、人はある日突然、シュバ!!!!!っと理想の自分に変身するわけではありません。姿形や性質が短時間で大きく変わるのは、幼虫が蛹になったり、蛹が成虫になったりする、いわゆる完全変態の虫だけです。あ、ポケモンもそうですが、多くのポケモンが蛹にならずに成体になるのでポケモンは不完全変態の動物です。ポケモンの世界では進化だと言っていますが進化ではありません。一世代で成長に合わせて体の形が変わるのは変態です。親御さんがびっくりするからといった理由で糞みたいな映像クオリティでゲームを作ってますが、言葉を間違って子供に覚えさせてることに親御さんはびっくりしているのではないでしょうか。なんとご丁寧に英語版のポケモンでもevolve(進化する)を使います。全世界で間違った知識を子供に植え付けようとする悪質なゲームです。変態(metamorphosis)を使えよ。

スーパー戦隊の変身は変身ではなく着替えです。タキシード仮面に至っては肉体の能力向上は全く見受けられません。ただの着替えです。強いて言うとすればバラの花をコンクリートに投げて突き刺せる能力が備わります。しかしタキシード仮面という割に着てるのは燕尾服だし、仮面じゃなくて眼鏡です。

話が逸れました。
長々と話してしまいましたが、私がここまでで言いたかったことは、人間は変態動物ではないということです。ある日理想の自分に変態しない。そしてする必要もないんです。

勝手に縛りプレイしているところに茶々入れて申し訳ないんですが、もしなにか理想の自分に近づきたいと本当に思っているのであれば、まずその10%くらいのところから始めるといいと思います。例えば、イギリスに住みたいと思っているけどお金も時間もないなら、とりあえず数日イギリスに旅行してみるとか、動物愛護施設を作りたいけど金がないなら、愛護施設に1000円寄付するとかね。仕事をやめて独立したいと思っているなら、土日だけやってみるとか。そうやって少しずつやってみて、後々で経済的・時間的に余裕が出てきたらさらに10%を20%にして……といったように続けていれば、少しずつ理想の自分に近づけると思います。

でかく始めてでかいチャレンジして、結果が大成功か爆死か、といった二元論で考えるとうまくいかないですし、まずチャレンジするところまでたどり着けないことのほうが多いと思います。小さく始めることはいけないことではないのになぜかそれは禁じ手みたいに無意識に考えてる人が多いんですよね。人生ってのは白いものが突然黒くなるのではなくて、グラデーションみたいに変わっていくものなんですよ、何事もね。もちろんその中にブレイクスルーはありますけど、全てがうまくいくかダメかではないです。

以上、人生がうまくいってない男の戯れ言でした。

 

 

原宿の犬カフェ

アメリカから久々に日本に来た親戚の子が原宿に行ってみたいということで連れて行った。今回ここで語りたいのは原宿をひげも剃らずクロックスでウロついてた自分のことではなく、家に犬がいるにもかかわらず姪っ子が犬カフェに行きたいと言い出したことです。
姪っ子の自宅にも犬がいるし、うちにも犬がいるしでなんでわざわざ金払って犬見に行くんだよとしばらくやりとりした後、しぶしぶ入ることにしました。

こじんまりした部屋の中には柴犬の子犬たちがいっぱい。ニンゲンの大人もさらにいっぱい。犬たちはもう人にかまわれるのに嫌気がさして人を避けて歩いていた。しかし人間の成体たちは「せっかく金払ったんだから」といった感じで逃げる犬を必死に触ろうと努力していた。そして犬は当然触られると唸ったりして触るなとキレていた。人間の集団から離れた窓際では死んだ目をした子犬が外の世界を見つめていた。それをみつけた人間はさわりにいく。触るなとかみつこうとする犬。

ここは地獄か?
どっからどう見ても虐待としか思えない。犬はストレス溜まりまくって人間を明らかに避けたり逃げたりしているし、金を払った大人は必死に触ろうと腕を伸ばしている。店の人も客もこれを見て何も思わないのだろうか?とずっと考えていた。少なくともこの場でニコニコしている店の人も客も動物好きな人なんていねえよ。店は動物のことを全く考えず、ただ金稼ぎの道具として利用してる。俺はいやな思いしてないからっていうチンフェみたいな嗜好の持ち主じゃないとこんな店経営できないしここでも働けないぞ。入って5分経たずに犬たちが露骨に嫌がってるのがわかる。人間を露骨に避けるしおもちゃを持ってても犬は寄ってこない。前述したように親からDVを受けるもどうしようもなくただ諦めて窓の外を見ていることしかできないといったような犬までいる。サーカスで利用される動物たちと同じだねこの子たちは。吐き気を催すような嫌悪感を感じました。ここに金払って通う人も、ここで働いてる人も、みんな狂ってる。ここにいる奴みんな死ねばいいと思った。これを見て楽しんでいた姪っ子も死ね。何が「あ~んかわい~」だぼけ糞死ね。かわいそうだろ。いくらアメリカ育ちでも日本語不自由すぎだろ。I feel sorry は日本語で「かわい~」ではない。ふぁっきゅ。

いったいここに連れてこられた犬たちは前世でどんな大罪を犯したのだろうか。ここはまさに地獄です。
原宿に行く人で地獄を見学してみたい人はおすすめです。ぜひ行ってみてください!


 

誤解されているエビングハウスの忘却曲線

何かと学習の場で「人はこんなにすぐ忘れちゃうんですよ!」とドヤ顔で語る自称知識人が見せがちなエビングハウス忘却曲線だが、これは人が時間の経過とともにどれだけ忘れてしまうかを表したグラフではない。まず始めに知っておく事実として、エビングハウスは経過した時間に対してどれだけ覚えたことが忘れられるかという実験はしていないしグラフにも表してはいない。

こんなことはWikipediaにすら書いてあるのになぜかけっこうな頻度で耳にするこの勘違い。世の中は適当な情報であふれているのだ。
Wikipediaを見ればわかることをあえてここで書き直す意味があるとは思わないけどエビングハウスが行ったのは、最初に覚えるのにかかった時間に対して、時間が経過してから再び覚え直すのにどれくらい時間が少なくすんだか。それをグラフにしただけ。

予備校の先生はグラフを書くときは縦軸にはちゃんとy、横軸にはxって書いてなんのグラフなのか明示しなさいよと口を酸っぱくして言う割に同じ予備校の先生がなぜかこういうミスを犯す。グラフの解釈を完全に間違って講釈垂れられても聞いてる方は時間の無駄以外のなんでもない。その時間であえて学べることがあるとすれば頓珍漢な講釈たれてるこいつは馬鹿なのではということだけ。

この忘却曲線を見るたびにそういうちょっとした憤りを感じて生きていた。ここで吐き出せてすっきりだぜ。


ゴキブリ近況

ゴキブリの飼育を始めてからちょうど1年がたった。ここ2~3ヶ月出産ラッシュで頭数がみるみる増えて、夜になるとところ狭しといった感じで地面を覆いつくさんばかりの数のゴキブリがのんびりしてる。大きめのケージを買ったのにこんなに一気に増えるとは思わなかった。すでに少し狭そうだけど引っ越しはけっこう手間かかるし、これ以上大きい飼育ケージってのもなかなかみつからない。前回のゴキブリに関する記事を書いてから死んだと思われるゴキブリはいない。去年の今頃は米粒くらいだった第一世代の子たちも今や親となって、子育てに励んでいる。卵から1度に10匹以上子供が生まれるから数の増え方が半端ない。かつてはゼリー1個、2日に1回ハム1/2をあげてたけど、今はゼリー2個、ハム1枚を毎日あげてる。ゼリーは1日経つと2個とも空っぽになるくらい減る。

ただうちの子たちはやっぱり、youtubeに上がっている動画のように日中でもうごめいていたり餌をあげたらすぐ群がったりといったことはない。昼間は地中に潜ったり、朽ち木や樹皮の陰に隠れて寝ている。夜になって部屋が暗くなると活動を始めて、朝の7時くらい、日光で部屋も明るくなってくる頃まで起きてて、その後はまた隠れて寝る。意外に規則正しく生活してて、だいたいいつも同じ時間に活動して同じ時間に寝る。

二世代目は一世代目より成長がはやいような気がする。毎日ハム食わせてるからかな。
夏場は室温も高く除湿して餌をやっておけば他にやることないからあまり心配せず、注視もしてない。唯一気がかりなのがケージが少し狭そうってことかな…。

ゴキブリの母と子たち

f:id:tabascolabo:20190815081553j:plain



ラボの窓を追加

このブログでもう1億回くらい言ってるけど日本の建物は断熱が糞。ラボにある建物内の窓(飾り)がちゃちな作りで風がビュービュー通り抜けるのをずっと気にしていたが、ついに断熱用に窓を設置してもらった。今までついていた窓はそのまま(取り外すのめんどいし)、その上に複層ガラスの窓を取り付け。隙間が消滅。やったぜ。今までは緩衝材のプチプチをガムテープで貼り付けたりしてがんばっていた。見苦しいったらありゃしないが背に腹は代えられない。見た目を犠牲にしてプチプチをガムテープで貼り付けるほど追い詰められていたとも言える。

f:id:tabascolabo:20190710121822j:plain


これから家を建てたり、施設を建てる人には肝に銘じておいてほしい。デザインとかウキウキで考える前にそこが住居としての機能を全うできるかをまず考えること。雨風を凌げればとりあえず何でもいいよっていうホームレスタイプの人なら別だが、断熱が糞で夏暑くて冬寒かったら、エアコンを四六時中つけるわけで電気代がやべえことになる。四六時中エアコンをつけていても隙間だらけだったらどんどん外の空気が入ってきて部屋は一生目標温度にならない。ペットを飼ってたり飼う予定があるのならなおさら温度管理は必要になるし、断熱代をケチってもその先に待っているのは高額な電気代だけだ。いいですか?ここは中世ではないんですよ。冬の朝起きてガクガク震えながらトイレに行くとか、真夏に家の中にいるのに冷房代をケチって熱中症になって救急車で運ばれるとか、現代の人間の生活じゃないです。単純にそんな生活を毎日するのも惨めだし。業者に丸投げもよくないです。この家を設計したのは当時ゼネコンで働いていた一級建築士である私の父ですが、今息子である自分の出費の大半がこの家の不具合に対応するためです。新しく家を作るときは住み心地や確認したいこと等事細かに業者とよく話し合いましょう。ここをめんどくさがったらあとでもっとめんどくさいことになるからねうちみたいに。しっかり断熱・防音が行き届いた家なら日々の生活でストレスを感じることはないです。逆にそれらが甘いと毎日ストレスがたまる生活を強いられます。おじさんみんなに忠告したからね?間取りとか壁紙でウキウキする前に家としての機能をよく考えてね。暑さや寒さはエアコンつけまくって凌ぐっていうその間違った先入観捨てるんだよオラァ!


OculusRiftSに愛憎相半ばする日々

Oculus Rift S を購入。
VRで遊びたいというより、VR用のゲーム開発がしたくて購入に踏み切った。
VRというナウい新技術と関わらないで生きていくのは時代について行けず自分が老害と化す危険性もあるなと危機感を持ったのも理由のひとつ。自分が開発者であろうとなかろうとそういう姿勢は多分よくないなと自分の背中を叩くと言うより蹴り飛ばして、泣きながら400ドル払った。でも僕の涙の本当の理由は、きっとVRのために購入した RTX2080 のせい。この時点ですでに14万円。

Oculus は Windows7 に対応してるくせに Oculus Rift S は対応してない。Windows10 専用。死ね!!と叫びながら使いもしない Windows10 を購入。2万円ちょい。

さらに USB3.0 のポートが必要。わたくしのパソコンのマザボUSB3.0 がついてない骨董品なので増設用のカードも購入。これはまぁいい。USB3.0 は使い道あるから。値段も2000円しないくらいだったかな。

多分マザボが古すぎるのが原因かUSBメモリからOSのインストールができなかった。それまでパソコンに詳しい友人と Discord で相談しながら試行錯誤してたがどうも無理そうだったので、ブルーレイディスク買うしかないなという結論が出たのが夜の 0:30 くらい。電気屋はもちろん閉まってるがこのまま次の日に延期したら多分めんどくさくなって全てを投げ出してしまうと思ったので、夜遅く雨の中車を走らせてドンキホーテまで行った。使いもしないブルーレイディスクをゲット。

古いパソコンに最新の機材を導入するとなるとこういうめんどくさいことになる。こんなことなら最初からWindows10が入れてあるサブ機をOculus専用機にすればよかったと全てが終わった後思った。でも電源ユニットをまた交換するのはだるすぎる。

Windows10 が糞を塗りたくって踏みつけたあとドブに流したいくらい嫌いなのでデュアルブートできるようにしようとしたがなんか上手くいかず、強制的に Windows10 が立ち上がる仕様になった。Windows7 が入ったドライブ以外全ての電源を抜いた状態で起動すると Windows7 が使用できる嬉しい仕様に。

とまぁ相当ぶちギレながら導入した Oculus ですが、やってみるとけっこう楽しいものです。特に3Dのエロ動画。もう立体視じゃないとシコれない体になってしまった。VRPoker に入り浸ったり VRChat を Discord の通話代わりに使ったり、自分の生活が大きく変化した。Oculus 楽しい。でも Oculus のせいでまたパソコンの筐体開いていじくってだるい作業しなきゃいけない。メインPCもデュアルブートイカれてる関係で色々と面倒なことになりそうでこれからのことを考えたくない。全てはてめーがWindows7にも対応させるというほんのちょっとの気遣いができてたらしなくてすんだ苦労だぞ。VR用に新しいパソコン組み立てた方が経済的に致命傷になるものの精神的にずっと楽だった。

今回の教訓
デュアルブートはやめとけ
新しいものを導入するなら全部新しくしたほうが楽
電源ユニットは最初から1000Wにしとけ



ギフトをもらいました

Amazonの欲しいものリストを公開して早速
糞長い付き合いであるあなるくんからギフトをもらいました
欲しいものリストをほんの数日前公開してからこのスピード

あなるの覚悟が「言葉」でなく「心」で理解できた!
ギフトを送るって思った時は
すでに行動は終わっているんだね

もらったものは
コルクシートをいくつかと

モニタアーム用補強プレート
ハンカチ

f:id:tabascolabo:20190605170440j:plain

以前から吾輩が騒いでいる日本の住宅は断熱性が糞という問題
その一環としてラボの床にコルクシートを敷き
断熱性をアップさせようと時折コルクシートを買っては
ちょっとずつ敷いていました

今回あなるくんがけっこうな枚数を買ってくれたため
かなりラボの床のコルクシート領域が拡大しました
でもまだ1/4くらいしか覆えてない!

f:id:tabascolabo:20190605170505j:plain

断熱性が上がれば気候に振り回されることなく
一定のパフォーマンスで研究ができます
さらには電気代が減ることによって
研究費や他の設備に予算を回すことができます

モニタアーム補強プレートをもらいました
とりあえず設置してみました
でもよ……!!
俺モニタアーム持ってねえよ……!!
持って……ねえんだよ……!

f:id:tabascolabo:20190605170534j:plain

礼装用のハンカチももらいました
これは主に朝パンをくわえながら「遅刻遅刻~」と走っている女子高生と
吾輩が十字路でぶつかったときに
「おやおやお嬢さん大丈夫ですか」と
スッと取り出すハンカチとして使わせていただきます
そういうシチュエーションでは「洗って返します」と言う人が多いのですが
礼装用の白い手袋とか白いハンカチってのは汚れがつくとまず落ちないんですね
つまりは消耗品なのです
そのくせに地味に値段するし
買ってもらえてありがたいことです
これでまたひとりタバスコマンに惚れる女子高生が増えるわけです

あなるくんが自分に捧げてくれた金と時間、思いを胸に
これからも唐辛子研究所は
超ひも理論のさらに向こう側へ行きたいと思います

あなるくんいつもありがとう
あなるくんがスピード出世して
またギフトを送ってくれることを楽しみにしてます