食品衛生責任者と甲種防火管理者

の資格を取りました。
講習に参加すればチンパンジーでももらえるしょうもない資格です。
これらの資格を取った理由は特にないんですが、
なんとなく毎年ひとつは何かしら資格を取っておきたいというよくわからない個人的なモットーと、
外食で散財しまくって「自分の飲食店あればそこで暴飲暴食できるのでは?」と安易に考えたからです。
今現在、飲食店を開業する予定は特にありません。金がない。

自分が受けたときは、
どちらの資格とも試験は行われませんでした。
食品衛生責任者は人前で話慣れていない老人の糞つまらない講習を一日聞くという拷問を耐え抜けばもらえます。
遅刻したらだめなはずなのによくわからないインド人みたいな外人はお昼くらいに登場して講習を受けて資格をもらってました。
なんでだろうね。
多分8割くらいの人が寝てました。
講習の内容も中学生で理解できるようなレベルで、
うんちしたら手を洗いましょうとか、アルコールは万能じゃねえぞとか、加熱すれば常に無毒化できるわけじゃないといった
普通の大人ならあたりまえに知っているであろうことを延々と説明されました。
講義を担当したおじいさんが話にちらほらと自分のキャリアの自慢をちりばめてきてうざかったです。
茨城県で受けたからかもしれないんですけど日本語が聞き取りづらいのもあってかなり精神的に苦しかったです。

甲種防火管理者は、なんと食品衛生責任者のような拷問が2日にわたって行われます。
ただこちらの内容は意外にためになることもちらほらありました。
とは言え9割5分つまらないんですけどね。
過去に起きた火災から学ぶべき教訓や、消火栓をはじめとする消火設備の使い方は
いざという時パニックにならずにすみますし、
防災意識が確実に変わりました。
もともと部屋で水たばこを吸うこともあって、だーすけさんの動画を教訓に消火器を部屋に設置しているのですが、
自分だけでなく家族や知人・大切な人々の家などで火災感知器が設置してあるかや消火栓の使用期限をチェックするようになりました。
2日目は消火栓の実習等のため午後から外で講習が行われたのでそれほど苦痛じゃなかったです。1日目は地獄だぞ
あとなぜか救急救命にかこつけて熱中症や歯が折れた場合の対処法をはじめ、
病気についての講義もありましたが、これは防火管理者の範疇から外れているのではないかと感じました。
たしかに周知しておくべき対処方法ですが防火管理者という名目で行っている講習には不適切かと思います。
でも教科書に載ってない内容だったから指定された講習時間を稼ぐための消防署の独断で行われていたのかもしれないです。
二日の講義を終えると確認テストが配られますが各自で答え合わせなので0点でも資格がもらえます。
テスト中教科書見てオッケーなので難易度も糞もないんですけどね。
人に教えるということに慣れてない人ががんばって作った試験なのでなんか問題がわかりにくかったり、
ひたすら長文を教科書から抜粋させられたりで教えてる側の練度の低さをひしひしと感じてかわいかったです。
彼らは消防署員で講師ではないのであたりまえなのですが。

つまらない講義をボーッと座って我慢しているという体験は大学以来で、
なつかしい感じがしました。
人生の貴重な1日を無駄にすれば食品衛生責任者
2日を犠牲にすれば甲種防火管理者がゲットできます。
履歴書に自動車運転免許しか書くことがなくてさみしい感じがする大学生にはおすすめです(適当)。

勃起勢とは

勃起勢という言葉を知っていますか?
まぁ僕が考えた単語なんですけどね。
ゲームとかに女性が現れるとシュバババババって駆けつけてくる男性たちいるじゃないですか。
彼らこそが勃起勢。
女性の声を耳にしただけでおちんぽびんびんになり「もしかしてワンチャンあるのでは?」という
意味不明に飛躍した理屈で女性のもとに駆け付け頼まれてもいないのに優しくしはじめる。
そんな、おちんぽに脳が支配されてしまった、哀れで醜い、かわいい男たちだ。

女性経験が少ないために、どうしたら自分を好きになってもらえるのかがわからず、
とりあえず奴隷のように相手のために尽くすのだが、
しばしば相手に優しくしなきゃという気持ちが先走りすぎて

頼まれてもいないのに「じゃあ〇〇のやり方教えてあげるよ。」などと
知りたくもない情報をつらつらと語り

迷惑に感じた女に逃げらるるさま、まさにいとおかし。

彼らは話はつまらんし身だしなみもパッとしないが
やたらと貢ぐので、かなりうざいけど害虫だとは思われていない。
「〇〇ほしいな~」などと言いつつamazonのほしいものリストを見せれば
勃起勢の誰かしらが即日で買ってくれるのである。
こういう光景を時折見ると吾輩もなぜ女に生まれなかったのだろうか、と思ってしまう。

声きくや おちんぽかたく なりはてて
搾取されども 学ぶことなし
  -タバスコマン

 

 

マンガでわかる・1万円起業がマンガでわからない

倉庫を掃除していたら「マンガでわかる・1万円起業」という本を見つけた。2~3年前に買った記憶が蘇った。
元となった本は Chris Guillebeau 著 The $100 Startup

この本のおもしろいところはタイトルが1万円起業と書いてあるが紹介されてる事例のほとんどが1万円起業していない点。約9人の事例のうち、2人はそもそも起業すらしていなく、さらに2人は1万円以上あきらかに費用がかかっている。そして起業した人のうちほとんどの人がプロとして通用する専門的知識がある。この本のタイトルを見ると、スキルもねえ、金もねえ、ひぃひぃ言いながらギリギリの生活を維持している人でも1万円で気軽に起業できるんだよという迷える子羊を救うメシアのような本なのではと思うが、違うのだ。紹介される事例の多くがただ自分の専門スキルを使いニッチな需要を狙って独立したら成功したっていうだけだ。中には強力なコネがあったからこそできた逸話すらある。この本を読み終わった時には、専門的なスキルもない、金もない、コネもない人間はどうしようもねえんだなという感想を持つしかないと思う。

しかしその感想は間違ってると私は思う。これはビジネス書ではなくギャグ漫画なのだ。まず情報量が糞少ない、できの悪い少女漫画のような下手くそな絵。そしてタイトルが1万円起業なのにあきらかに数十万はかかってる起業を前半でアピール、さらに後半は起業では無くそれただのマーケティングがうまくいっただけじゃねえかよ!!といった事例を挙げる。あきらかにツッコミを待っている。いやwwwwまず1万円ですらねえしwwwっていうかせめて起業はしろよwwwwwwwwwwwと読者は頭の中でツッコまなくてはいけなかったのである。しかしマンガ家の力量が大幅に足りていなくて、ブラックジョークを言ったはいいけど冗談で言ったのかガチな発言なのか周りの友人たちが判断しかねて微妙な沈黙流れてるみたいな状態になってしまっているのである。ビジネス本のところに置いてあったのも盛大なギャグだったのだ。本来は「銀魂」と「漫画でわかる心療内科」の間に挟まれているべき本なのだ。
そこんとこしっかり理解した上で改めて読んでみるとつまらないのでおすすめです。 

本の帯に
「貯金なし・スキルなし」で身軽にスタート!
と書いてあるのもギャグ線高いです。

f:id:tabascolabo:20190830062806j:plain






少しずつ始めるということ

「いつか~したい」「いつか~してみたい」そういう台詞、若いうちはいっぱい聞きますよね。でも意外に中年の人も言いますよ。夢を語るのは無料ですからね。必要なのは黙ってうんうん聞いてくれる仏のような友達だけです。そしてこういう「いつか~したい」系の台詞を吐く人はだいたいいつまでも~することなく死にゆくことが多いですね。

いつか英語が話せるようになりたいとか、外国に住みたいとか、こういう職につきたいとか。
そういう言葉をついつい口にしてしまう人に、ルルーシュの一言を聞かせたいです。

誰かが自分の代わりにやってくれる。待っていればいつかはチャンスが来る。
甘えるな!自らが動かないかぎりそんないつかは絶対に来ない!

この言葉は至極正論なのですが、やれ!と言っても人には状況や環境によっては完遂が不可能なことが多々あります。それはあたりまえですが、私が個人的に思うのが、多くの人が「100%準備万端になったら、ある日突然完遂しよう!」という謎の義務感に囚われていることです。そんなんじゃ夢を叶えるのは難しいですよ。だいたい「いつか」という単語を使う場合だいたいその人がそれを実現する可能性はほぼゼロです。マジでやる人は「来月」とか「今やってるこれが終わったら」とか「夏休み」とかもっと具体的な時間を指定しますからね。しかしそれは今回の内容とは話が逸れてしまうので放置しておきます。

前提として、人はある日突然、シュバ!!!!!っと理想の自分に変身するわけではありません。姿形や性質が短時間で大きく変わるのは、幼虫が蛹になったり、蛹が成虫になったりする、いわゆる完全変態の虫だけです。あ、ポケモンもそうですが、多くのポケモンが蛹にならずに成体になるのでポケモンは不完全変態の動物です。ポケモンの世界では進化だと言っていますが進化ではありません。一世代で成長に合わせて体の形が変わるのは変態です。親御さんがびっくりするからといった理由で糞みたいな映像クオリティでゲームを作ってますが、言葉を間違って子供に覚えさせてることに親御さんはびっくりしているのではないでしょうか。なんとご丁寧に英語版のポケモンでもevolve(進化する)を使います。全世界で間違った知識を子供に植え付けようとする悪質なゲームです。変態(metamorphosis)を使えよ。

スーパー戦隊の変身は変身ではなく着替えです。タキシード仮面に至っては肉体の能力向上は全く見受けられません。ただの着替えです。強いて言うとすればバラの花をコンクリートに投げて突き刺せる能力が備わります。しかしタキシード仮面という割に着てるのは燕尾服だし、仮面じゃなくて眼鏡です。

話が逸れました。
長々と話してしまいましたが、私がここまでで言いたかったことは、人間は変態動物ではないということです。ある日理想の自分に変態しない。そしてする必要もないんです。

勝手に縛りプレイしているところに茶々入れて申し訳ないんですが、もしなにか理想の自分に近づきたいと本当に思っているのであれば、まずその10%くらいのところから始めるといいと思います。例えば、イギリスに住みたいと思っているけどお金も時間もないなら、とりあえず数日イギリスに旅行してみるとか、動物愛護施設を作りたいけど金がないなら、愛護施設に1000円寄付するとかね。仕事をやめて独立したいと思っているなら、土日だけやってみるとか。そうやって少しずつやってみて、後々で経済的・時間的に余裕が出てきたらさらに10%を20%にして……といったように続けていれば、少しずつ理想の自分に近づけると思います。

でかく始めてでかいチャレンジして、結果が大成功か爆死か、といった二元論で考えるとうまくいかないですし、まずチャレンジするところまでたどり着けないことのほうが多いと思います。小さく始めることはいけないことではないのになぜかそれは禁じ手みたいに無意識に考えてる人が多いんですよね。人生ってのは白いものが突然黒くなるのではなくて、グラデーションみたいに変わっていくものなんですよ、何事もね。もちろんその中にブレイクスルーはありますけど、全てがうまくいくかダメかではないです。

以上、人生がうまくいってない男の戯れ言でした。

 

 

原宿の犬カフェ

アメリカから久々に日本に来た親戚の子が原宿に行ってみたいということで連れて行った。今回ここで語りたいのは原宿をひげも剃らずクロックスでウロついてた自分のことではなく、家に犬がいるにもかかわらず姪っ子が犬カフェに行きたいと言い出したことです。
姪っ子の自宅にも犬がいるし、うちにも犬がいるしでなんでわざわざ金払って犬見に行くんだよとしばらくやりとりした後、しぶしぶ入ることにしました。

こじんまりした部屋の中には柴犬の子犬たちがいっぱい。ニンゲンの大人もさらにいっぱい。犬たちはもう人にかまわれるのに嫌気がさして人を避けて歩いていた。しかし人間の成体たちは「せっかく金払ったんだから」といった感じで逃げる犬を必死に触ろうと努力していた。そして犬は当然触られると唸ったりして触るなとキレていた。人間の集団から離れた窓際では死んだ目をした子犬が外の世界を見つめていた。それをみつけた人間はさわりにいく。触るなとかみつこうとする犬。

ここは地獄か?
どっからどう見ても虐待としか思えない。犬はストレス溜まりまくって人間を明らかに避けたり逃げたりしているし、金を払った大人は必死に触ろうと腕を伸ばしている。店の人も客もこれを見て何も思わないのだろうか?とずっと考えていた。少なくともこの場でニコニコしている店の人も客も動物好きな人なんていねえよ。店は動物のことを全く考えず、ただ金稼ぎの道具として利用してる。俺はいやな思いしてないからっていうチンフェみたいな嗜好の持ち主じゃないとこんな店経営できないしここでも働けないぞ。入って5分経たずに犬たちが露骨に嫌がってるのがわかる。人間を露骨に避けるしおもちゃを持ってても犬は寄ってこない。前述したように親からDVを受けるもどうしようもなくただ諦めて窓の外を見ていることしかできないといったような犬までいる。サーカスで利用される動物たちと同じだねこの子たちは。吐き気を催すような嫌悪感を感じました。ここに金払って通う人も、ここで働いてる人も、みんな狂ってる。ここにいる奴みんな死ねばいいと思った。これを見て楽しんでいた姪っ子も死ね。何が「あ~んかわい~」だぼけ糞死ね。かわいそうだろ。いくらアメリカ育ちでも日本語不自由すぎだろ。I feel sorry は日本語で「かわい~」ではない。ふぁっきゅ。

いったいここに連れてこられた犬たちは前世でどんな大罪を犯したのだろうか。ここはまさに地獄です。
原宿に行く人で地獄を見学してみたい人はおすすめです。ぜひ行ってみてください!


 

誤解されているエビングハウスの忘却曲線

何かと学習の場で「人はこんなにすぐ忘れちゃうんですよ!」とドヤ顔で語る自称知識人が見せがちなエビングハウス忘却曲線だが、これは人が時間の経過とともにどれだけ忘れてしまうかを表したグラフではない。まず始めに知っておく事実として、エビングハウスは経過した時間に対してどれだけ覚えたことが忘れられるかという実験はしていないしグラフにも表してはいない。

こんなことはWikipediaにすら書いてあるのになぜかけっこうな頻度で耳にするこの勘違い。世の中は適当な情報であふれているのだ。
Wikipediaを見ればわかることをあえてここで書き直す意味があるとは思わないけどエビングハウスが行ったのは、最初に覚えるのにかかった時間に対して、時間が経過してから再び覚え直すのにどれくらい時間が少なくすんだか。それをグラフにしただけ。

予備校の先生はグラフを書くときは縦軸にはちゃんとy、横軸にはxって書いてなんのグラフなのか明示しなさいよと口を酸っぱくして言う割に同じ予備校の先生がなぜかこういうミスを犯す。グラフの解釈を完全に間違って講釈垂れられても聞いてる方は時間の無駄以外のなんでもない。その時間であえて学べることがあるとすれば頓珍漢な講釈たれてるこいつは馬鹿なのではということだけ。

この忘却曲線を見るたびにそういうちょっとした憤りを感じて生きていた。ここで吐き出せてすっきりだぜ。


ゴキブリ近況

ゴキブリの飼育を始めてからちょうど1年がたった。ここ2~3ヶ月出産ラッシュで頭数がみるみる増えて、夜になるとところ狭しといった感じで地面を覆いつくさんばかりの数のゴキブリがのんびりしてる。大きめのケージを買ったのにこんなに一気に増えるとは思わなかった。すでに少し狭そうだけど引っ越しはけっこう手間かかるし、これ以上大きい飼育ケージってのもなかなかみつからない。前回のゴキブリに関する記事を書いてから死んだと思われるゴキブリはいない。去年の今頃は米粒くらいだった第一世代の子たちも今や親となって、子育てに励んでいる。卵から1度に10匹以上子供が生まれるから数の増え方が半端ない。かつてはゼリー1個、2日に1回ハム1/2をあげてたけど、今はゼリー2個、ハム1枚を毎日あげてる。ゼリーは1日経つと2個とも空っぽになるくらい減る。

ただうちの子たちはやっぱり、youtubeに上がっている動画のように日中でもうごめいていたり餌をあげたらすぐ群がったりといったことはない。昼間は地中に潜ったり、朽ち木や樹皮の陰に隠れて寝ている。夜になって部屋が暗くなると活動を始めて、朝の7時くらい、日光で部屋も明るくなってくる頃まで起きてて、その後はまた隠れて寝る。意外に規則正しく生活してて、だいたいいつも同じ時間に活動して同じ時間に寝る。

二世代目は一世代目より成長がはやいような気がする。毎日ハム食わせてるからかな。
夏場は室温も高く除湿して餌をやっておけば他にやることないからあまり心配せず、注視もしてない。唯一気がかりなのがケージが少し狭そうってことかな…。

ゴキブリの母と子たち

f:id:tabascolabo:20190815081553j:plain